アメリカの古き良き時代ミッドセンチュリーの家具・雑貨・アメカジでライフスタイルをアメリカンに

2cushman29181(29072)   WW2 LOW CUT SNEAKER

第二次世界大戦時、コンバース社が軍に支給をしていたハイカットトレーニングシューズをローカットモデルとしてアレンジをしたスニーカーです。
WW2 LOW CUT SNEAKER の第3弾
ラシカルなスニーカーのディテールにおいて最も特徴となる かなりゴツイフォクシングテープです。
基にしたトレーニングシューズ同様、約10mmのヒールが特徴のひとつで独特の後ろ姿にはシンプルなCUSHMAN ロゴのヒールパッチが付いています。
厚めのインソールにより履き心地が良く、また約10mmのヒールによりエンジニアブーツとほぼ同じ高さがあり、ブーツにあわせたレングスのボトムでも裾が擦らない状態がキープ出来ますので真夏のショートパンツはもちろん、デニムパンツとの相性もバッチリなのでオールシーズン活躍をするスニーカーです。
内側には、ベンチレーションホールが付いています。
2カラーのシューレースがついています。夏らしい真っ白には、ホワイトとオフホワイト
  • 14,900円(税込)
 WHITE
714,900円(税込)
SOLD OUT
8
9
カラー
SIZE

型番 29181
在庫状況 在庫数
カラー
SIZE
 WHITE
714,900円(税込)
SOLD OUT
8
9